タトゥー除去の痛みはどの程度?

subpage01

タトゥー除去をする方法はいくつかありますが、その中にレーザーで除去するという方法があります。


このレーザー除去は痛みがない、もしくはあっても少ないと思っている人もいるのですが、実はそうではありません。


レーザーというのは、一般的に輪ゴムで肌をはじかれた時のような痛みだと言います。

輪ゴムで肌をはじかれる、大したことはないと考えるかもしれませんが、実は広範囲に及ぶ場合は、意外にもこの痛みが響くものです。

タトゥー除去の痛み関連の情報をたくさん掲載しています。

そして実際に治療を受ける人の中には、途中でやめてほしいという人すらいます。

医師もはじめにタトゥーを診察してその範囲を見ますね。


そしてこの程度なら一回の照射でタトゥー除去ができる、この場合は一回ではできないので、数回に分けてタトゥー除去をしようと治療計画を立てます。
そのために範囲が大きければ大きいほど、そして治療回数が多ければ多いほど、負担がかかるのですね。

もしも一度痛みの程度を知ってしまったら、次もこれをしなくてはいけないのかとちょっと不安になることでしょう。

このサイトでAll Aboutの人気が上昇しています。

またせっかくの治療の意志も半減してしまうかもしれません。
タトゥー除去に関する治療は、どの治療にしても痛みを伴うものです。



そのために治療を始める前から、ある程度情報収集を行い、イメージトレーニングしておいた方がいいかもしれません。
またタトゥーを入れた時にも痛かったかもしれませんが、もしかするとそれ以上に痛いこともあるので、覚悟しておいた方がよさそうです。